レッスン申し込み登録
グッピ- スティールパン教室


あなたがプロだろうと、セミプロだろうと、もしくは単に楽しむために演奏しているのであろうと、誰もがより 良いプレイヤーになりたいと思っています。 すべての楽器には、それにあった基礎、練習、演奏方法があります。例えば、ピアノ、ギター、フルート、ドラム、 サックス、バイオリンなどなど・・・。
それでは、スティールパンはどうでしょう?パンを学ぶための基礎はあるのでしょうか? はい!もちろんあります! しかし残念な事に、スティールパンを教えているのは、本来いるべき人数よりもずっと少ない、ほんの数人です。
私のトリニダード人の友達がかつて冗談めかしてこんなことを言いました。「ドレミ(音階のドレミファ)とお歌。 で、今日のレッスンは終わり!!」
何年もの間、私はこの分野においてたくさんの知識を習得しました。そして、その知識をあなたと共有したいと 思っています。


    以下は、あなたが学ぶであろう、ごく一部のものです: *********************************************** 楽器を演奏する時の基本的な立ち位置 手首を使う事の大切さ ― なぜ?どのように?そしていつ? スキルアップエクササイズ(スティールパンを使うエクササイズ) スキルアップエクササイズ(スティールパンを使わないエクササイズ) 上手なロールのためのエクササイズ 手の力をつけるためのエクササイズ 音から音への簡単な移動方法(パンを演奏するときのスムーズな動き) 手を疲れさせずに長時間演奏する方法 音へのアプローチ ― トーンとサウンドのコントロール ***********************************************


心すべきこと: あなたが楽器をもっとコントロールできれば、自然と演奏に自信をもつことができ、音楽の演奏を楽しめるようになります。
テクニックを学んだのに、学んだ事を生かすすべをしらなければ、それはただの繰り返されるだけの練習で ― いずれ行き 詰まり楽しくなくなってしまいます。 なぜそれをしているのか、何をしているのかを知り・・・『目的をもって演奏する』ようにしましょう。
古くから「習うより慣れろ(練習が完璧な技を作り上げる)」と言います。実際に「練習することで完璧にできる」ようになり ます。 だからこそ、注意深く丁寧に練習しましょう。なぜならあなたが 練習したことは何でも身についてしまうからです。
スティールパンを練習するのに適したテクニックと方法で学ぶようにしましょう。 悪い練習習慣は、良い練習習慣とほぼ同じように作用します。 それはあなたの身について、毎日の演奏に反映されるでしょう。


申し込み登録フォーム

学ぶ方法、学んだことを意識的に忘れる方法、学び直す方法を学ぼう!


レッスン申し込み登録